生理と長く付き合っていくために生理不順のことを知ろう

女性の身体は神秘に満ちあふれています。
なぜ子どもを授かることができるのか、どうして男性のウソを意図もたやすく見抜いてしまうかなど等未だにわかっていないことはたくさんあります。
男性にはわからない女性の身体の秘密はたくさんありますが、女性にだって自分の身体のことでよくわかっていない部分も多いのではないでしょうか。

子どもを授かるためには、女性の子宮の中に卵子が放出されていなければなりません。
毎日のように放出していたら人間の身体は今頃、ボロボロになってしまいます。
それゆえ定期的に卵子が放出されるように設計されています。
また、卵子と精子がくっついて可愛い赤ちゃんを授かることができるようにと子宮の中では赤ちゃん用のベッドが作られています。
これを新しくするサイクルこそが生理です。

生理期間中のブルーな気持ちになってしまうのはなぜ?

生理になる直前とか生理期間中は、意味も無くいらいらしてみたり落ち込んでみたりすることはよくあります。
「どうしてこんな簡単なこともできないのですか」とばかりに部下や同僚に強く当たってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ブルーな気持ちになってしまうのは「生理によってホルモンバランスが乱れている」からといえるでしょう。
もはや生理になってしまうことは避けられないのですから、周りもいらいらしてしまう時期があることを理解すべきですしそのことをあらかじめ伝えておくのも良いでしょう。

ほかにも色々と生理では悩むことがたくさんあります。
不正出血があったとか、生理痛があまりにもひどすぎて死んでもかまわないくらいの痛みであるとか一体女性の体に何があったのだろうというくらい様々なトラブルがつきものなのです。
こうしたトラブルを医学界が放っておく訳など無く、生理に関するトラブルを治療できるような態勢が整えられています。

生理が定期的にこない状況に悩まされないためにも

ストレス社会に生きる女性にとって、生理が定期的にやってこないことも又生理にまつわる悩みの一つといえます。
先ほどもお話ししましたように排卵は定期的にやってくるように設計されています。
つまり、生理だって定期的に訪れるものなのです。
ところが、何らかの原因によって生理がやってこなくなってしまったり突然生理がやってきてうろたえてしまうなど「生理不順」という悩みをもたらしてくることがあります。
若い女性から出産を経験された女性に至るまで生理が定期的にやってこなくなるこの症状に悩まされる方はとても多いのです。

健康な身体になっているかどうかを判断するバロメーター

生理不順は、少なくとも健康な状態とはいえません。
それゆえ何らかの方法で治療していくことが必要となります。
生理が定期的にやってくるようになればそれは、健康な身体に戻ったということを表します。
女性の身体はとても敏感で、ちょっとしたストレスややっかいごとに巻き込まれるだけで生理が定期的に訪れなくなるということはよくある話です。
生活環境の改善でも大きな治療効果が見込まれる場合も少なくありません。

今回は生理不順についていろいろな角度からお話をしていきたいと思います。

女性であれば初潮から閉経に至るまでずっと付き合い続けなければならない生理の問題。
長い戦いではありますが、自分の身体のことなのですから気長に付き合っていきましょう。