女性が働くことによって日本が変わる

日本は今働き方が大きく変わる転換期に来ています。

女性が働きやすい職場作りは、男女雇用機会均等法などの施行以来様々な取り組みがなされてきましたが少なくとも完璧とはいえない状況です。

しかし、政治の力によって女性が働きやすい環境が作り上げられてきているのも又事実です。
どんな女性にも働く機会をというあたり前の発想がようやくなされるようになったというわけです。

男性に比べて大幅に制限されている女性陣

日本は伝統的に男性の職場が多いといわれています。
たしかに、町を行き交う会社員を見てみてもほとんどが男性で女性の比率はやはり低いものです。
また女性が働くことのできる職場といっても、低賃金であったり仕事の内容が男性に比べて大幅に制限されているケースも少なくありません。
こうした不平等を改善し、女性の力で日本を変えていこうとするのが現在の政治の役割です。
徐々にその効果は進んできており、女性の働くことのできる職場も増えてきました。

女性の働き過ぎには気をつけたほうがいい

女性が働きやすい職場に勤め始め「いろいろな仕事に取り組まなければ」と意気込む女性は大勢いらっしゃいますが「働き過ぎてしまう」女性が多いのも又事実です。
せっかくいい職場に採用されたのだから、会社へ恩を返そうとか旦那さんよりもたくさん稼いで家族と豊かに暮らそうという思いがあふれていることは痛いほどわかります。

ところが、働き過ぎによって不規則な生活に陥り「生理不順」になってしまいますとやっかいな話になります。

仕事が忙しいとどうしても、食事が不規則なものになったり睡眠時間がばらばらになったりするでしょう。
働き過ぎによって体調を崩し、生理不順になったといったら仕事どころではありません。

健康な体でなければ働くこともできない

健康な体でなければ仕事もできません。
つまり、仕事をするためには働き過ぎないということや健康的な生活を送るという当たり前のことを実践していくことが欠かせません。
確かに、仕事を早く覚えようとか成功しようという思いがあるかと思います。
しかし「健康な体」があってこそ、仕事ができるということもお忘れの無いようにお願いいたします。

自分の健康は自分で守るほかありません。
生理不順になってしまったかも知れないと思うならば、働き方を見直すことが欠かせません。
また、明確な体調不良は未だ訪れていないけれど働き方が不規則というのであるならば勤務条件の見直しも必要になるでしょう。